よく聞く話ですが、「豚肉は生で食べてはいけない」と言われていますよね。(汗)バーベキューなどで豚肉を焼く時、十分に火を通しておきましょう。それでも時と場合では、豚肉を生で食べてしまうことがあります。そのような時には、必ず食あたりになると言う訳ではありませんので知っておきましょう。通常、流通している豚肉は、検査をされています、ですから、細菌はいないはずです。

インターネットなどで調べてみたところ、そのような人が必ずいます。(汗)豚肉で食あたりになった場合、以下のような症状になります。※ 発熱や下痢、嘔吐などです。充分に焼いた豚肉でもアレルギーになってしまうこともあります。私達の体は、細菌に対してある程度の抵抗力を持っているので、嘔吐、下痢はその防衛反応の一つと考えられます。

下痢によって細菌が排出されると、食あたりの症状は急速に回復します。食あたりの原因には、生ものを食べたことによるケースが殆どです。しかし、食品衛生の管理が行き届くようになったので、それほど大きな食あたりは発生しないと生肉がおいしい食材と言うこともありますが、食あたりを心配する場合は、必ず火を通してから食べるようにしましょうね。

最近のブログ記事